1. TOP
  2. ソールが突然剥がれた!登山靴の修理は可能なの?登山靴修理編 

ソールが突然剥がれた!登山靴の修理は可能なの?登山靴修理編 

 2016/07/02 登山靴修理
この記事は約 6 分で読めます。 4,229 Views

登山靴のソールが剥がれてしまった・・・
そんな時、あなたはどうしますか?もしも山の登っている最中にソールが剥がれてしまったらかなりパニックになりますよね。実際、北アルプスの有名な山小屋では、1日に最低1人は靴底が剥がれてしまって駆け込んで来る方がいて、そのたびに針金とガムテープで応急処置を施しているとご主人が言っておりました。
そうならないために日ごろから、靴の点検がとても重要になってきます。
では、ソールが剥がれることが事前にわかる方法はあるのでしょうか?

 

 登山靴修理について

登山靴の修理は可能なの?

登山靴の修理は可能です。靴自体の金額が高く精巧に作られておりますので、ほとんどの靴において修理は可能になります。
靴にも様々な形状のものがあります。カップタイプの靴、昔ながらのダシ縫いタイプの靴、EVAタイプの靴、ウレタンタイプの靴、アイゼンタイプの靴など。
純正のソールを希望される場合は、購入店舗に問い合わせをするか、メーカに直接聞いてみるのがお勧めです。また、純正ソールではなくても良いので、張替えをしたい場合も問題ありません。登山用のビブラムソールを使用して、現在のソールの形状に近いソールにて張替えを行います。

 

nakada104

 

登山靴のソール寿命について

登山靴のソールには様々な材質で作られております。アウトソールは世界で最も有名なVibramソールが付いているものがほとんどで、ミッドソール部分にウレタンやEVAなどの材質が使用させれおります。自分の履いている靴のソールがどの種類の材料で作られているかを知ることがとても重要です。
履き方や保管方法により、ソールの寿命は異なりますが通常は5年前後と言われています。
「加水分解」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、登山靴の場合も多くの靴にウレタンゴムを使用しています。

では「加水分解」とは一体何か?

↓ ↓ ↓

 

加水分解一例

kasuikasui3kasui4kasui2kasui5

 

 

 

 

 

 

  • 加水分解とは?

加水分解とは化合物が水と反応を起こして起こす分解反応になります。小さい分子が分解されてしまい、樹脂として形を保てなくなります。簡単に言うと、靴底がボロボロになる現象のことです。

  • ポリウレタンの寿命は?

保管状態にもよりますが、5年前後と言われています。「ポリウレタン」の寿命ですが、すでに製造されて時点から経年劣化が始まっているので、保管のさいはくれぐれも注意をして保管をしてください。車のトランク、風通しの悪い押し入れや靴箱などはNGです。

  • 加水分解を遅らせることはできる?

通常、加水分解を遅らせることは出来ませんが、何点か方法があります。まずは一度、短時間でもよいので靴を履いてソールに圧力をかけることで、加水分解を遅らせることができるといわれています。あとは通気性の良い場所で保管することと、常日頃から履いてあげることです。

 

登山靴の点検について

登山靴を使用する際は登山靴の点検を必ず行ってください。
靴ひもやフック、D環などにゆるみがないかどうか。
縫い糸のホツレはないかどうか。
アウトソールの減り方は問題ないか。
アウトソールの場合、ブロックが1/2程度消耗している状態ですと、非常に滑りやすくグリップ力が低下して危険なことにもなりかねませんので、ソールのすり減りやラウンドラバーの剥がれやソールに隙間がないかどうかなど、最善の注意を払ってください。山行前には、時間に余裕をもって登山靴の点検をすることをお勧めします。

 

登山靴の保管方法について

登山靴は保管状況により、靴の寿命が大きく異なってきます。
高温多湿な場所での保管は適しておりません。車のトランクやビニール袋に入れたままの状態や靴箱など、密閉しての保管はお勧めできません。ソールの経年劣化を早める原因になります。靴をご使用後、保管をする際は、靴の汚れを落としてから陰干しをして湿気を取り除いて、新聞紙などを靴の中につめて通気の良い場所で保管をすることをお勧めします。
どうしても靴箱などに入れる際は、山で使用しないときでも少しでもいいので靴を履いてあげることが大事です。

 

まとめ

まずは自分が履いている靴のソールの特徴などを良く把握することでソールの交換時期などが自分自身で分かるようになります。ウレタンを使用している靴であれば、ウレタン部分を指で押してあげて、あまりにも柔らかくなっているようであれば加水分解が進んでいる可能性がありますので、使用するは避けたほうが良いという事になります。また、ソールの隙間などがある場合もソールが剥がれる可能性があります。
ソールの底面もしっかりとチェックしてください。溝は残っているか?溝が浅くなっている場合は滑る原因にもなりますので注意してください。
以上のように登山靴は靴の特長を把握することと、靴の点検作業、登山靴の保管方法を実践すれば、より靴を長く履くことが可能になります。
ウレタンを使用している靴は加水分解を起こすことを頭に入れて、加水分解が起きそうな場合はその靴の使用は避けて、すぐにソールの張替えをする様に心掛けてくださいね。

 

登山靴を10年長く使用する修理方法ご存知ですか?詳しくは下記の記事で解説しております。


 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店もあります。

当店は登山靴修理専門店です!
登山靴のソール交換を施したい方は下をクリック
↓ ↓ ↓

 

 

品ぞろえ充実!登山用品でお困りならまずはこちらから
詳しくは下記をクリック
↓ ↓ ↓




\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yoshi

yoshi

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビブラムソールを使用してのクライミングシューズ修理!【クライミングシューズリペア】イアタリア修行編

  • スポルティバ・トランゴ S EVO GTX ソール交換について!

  • ドクターマーチンのソール交換について。交換出来ないと思っている方必見!

  • ザンバラン フジヤマ ソール交換と新モデル・旧モデルソール比較について

関連記事

  • ビブラムソール交換以外の修理について 登山靴を10年長持ちさせる修理方法!

  • モンブランGTXソール交換は可能ですか?スカルパ冬期登山用ソールについて

  • スポルティバ・トランゴ S EVO GTX ソール交換について!

  • ザンバラン フジヤマ ソール交換と新モデル・旧モデルソール比較について

  • 登山靴を10年長持ちさせる修理方法!職人にお任せソール交換編

  • ノースフェイス登山靴修理は何処に修理に出せばいいの?クンブーGTXソール交換について