fbpx
  1. TOP
  2. 足元から始まる健康と快適さへのガイド
  3. 靴のサイズ選びでよくある間違いとその解決策

靴のサイズ選びでよくある間違いとその解決策

足元から始まる健康と快適さへのガイド
この記事は約 8 分で読めます。 101 Views

正確な足の測り方を知らない

朝と夜での違い

多くの人は、足のサイズが一日の中で変化することを知らないかもしれません。朝は足がリラックスしており、夕方には一日の活動によって足が少し膨らむことがあります。そのため、靴のサイズを測る際には、夕方に測るのが最適です。そうすることで、足が最大に膨らんだ状態でサイズを把握することができ、長時間履いても快適な靴選びができます。

足の長さだけでなく幅も考慮

靴を選ぶ際に、足の長さだけを測る人が多いですが、足の幅も重要な要素です。足の幅が狭い人もいれば広い人もおり、それぞれに合った靴を選ばなければ、快適に履くことができません。足の幅を測るには、足の一番広い部分(通常は親指の付け根から小指の付け根まで)を測定します。これにより、自分の足の形に合った靴を選ぶことができます。

測定ツールの使い方

正確な足のサイズを測るためには、適切な測定ツールを使うことが大切です。市販されているフットメジャーを使うと、自宅でも簡単に足の長さと幅を測ることができます。また、紙とペンを使って足の輪郭を取る方法もあります。紙の上に足を置き、ペンで足の周りをなぞり、その後でメジャーで長さと幅を測定します。この方法でも十分に正確なサイズを知ることができます。

 

画像出典:https://shopping.geocities.jp/bellemaison/popup/s_guide/size_shoes.html

 

 

試し履きをしないで購入する

試し履きの重要性

ネットショッピングが普及した現代では、試し履きをせずに靴を購入する人が増えています。しかし、靴は実際に履いてみないとフィット感がわかりません。試し履きをすることで、足に合った靴を見つけることができ、長時間の歩行でも快適に過ごせます。特に新しいブランドやモデルを購入する際には、必ず試し履きをすることが重要です。

試し履きの際のチェックポイント

試し履きをする際には、いくつかのポイントをチェックする必要があります。まず、靴を履いた状態でつま先が当たらないかを確認します。次に、かかとがしっかりフィットしているか、歩いたときに靴の中で足が動かないかをチェックします。最後に、靴の内側に違和感がないか、素材が足に合っているかを確認することが大切です。

靴を試す最適な時間帯

前述の通り、足は一日の中でサイズが変わります。そのため、靴を試す最適な時間帯は夕方です。この時間帯に試すことで、足が膨らんだ状態を考慮した靴選びができます。また、長時間歩いた後に試すことで、より現実的なフィット感を確認することができます。靴選びにおいては、時間帯にも注意を払うことが重要です。

 

 

画像出典:https://moshicom.com/96420/

 

 

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はスニーカー・登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズ修理専門店です!
ソール交換を施したい方は下をクリック

↓ ↓ ↓

 

 

 

靴下を考慮しない

靴下の厚みの影響

靴を選ぶ際に、靴下の厚みを考慮しないと、実際に履いたときにフィット感が異なることがあります。特に冬用の厚手の靴下を履く場合、靴のサイズが合わなくなることがあります。逆に、夏用の薄手の靴下では靴が緩く感じることもあります。靴を選ぶ際には、普段履く靴下の厚みを考慮してサイズを決めることが大切です。

季節による靴下の変化

季節によって履く靴下の種類が変わることを忘れがちです。冬は厚手の靴下を履くことが多く、夏は薄手の靴下を履くことが一般的です。そのため、季節ごとに合った靴を選ぶことが重要です。例えば、冬用の靴を選ぶ際には厚手の靴下を履いて試し履きをし、夏用の靴を選ぶ際には薄手の靴下を履いて試し履きをすることをお勧めします。

靴下を履いての試し履き

靴を試し履きする際には、実際に履く予定の靴下を履いて試すことが重要です。これにより、実際の使用感を確認することができます。靴下を履かずに試し履きをすると、後で靴がきつく感じたり、緩く感じたりすることがあります。実際に履く靴下を忘れずに持参し、試し履きをすることで、より正確なサイズ選びが可能になります。

 

 

画像出典:https://shop.rxl.jp/blogs/column/5finger-socks-run-long

 

 

 

靴のブランドやモデルによるサイズの違いを無視する

ブランドごとのサイズの違い

靴のサイズはブランドによって異なることが多いです。同じサイズ表記でも、実際のフィット感が異なることがあります。これは、各ブランドが独自のサイズ基準を持っているためです。そのため、新しいブランドの靴を購入する際には、必ず試し履きをして、自分の足に合ったサイズを見つけることが重要です。

モデルごとのフィット感の違い

同じブランドでも、モデルによってフィット感が異なることがあります。例えば、スポーツシューズとカジュアルシューズでは、設計や素材が異なるため、同じサイズでも履き心地が異なります。新しいモデルの靴を購入する際には、実際に履いてみて、自分の足に合うかを確認することが大切です。

サイズ表の確認方法

オンラインで靴を購入する際には、各ブランドのサイズ表を確認することが重要です。サイズ表には、足の長さや幅に対応する推奨サイズが記載されています。サイズ表を参考にしながら、自分の足のサイズに合った靴を選ぶことで、より快適な履き心地を得ることができます。また、レビューを参考にすることもおすすめです。他のユーザーのフィードバックを基に、サイズ感を把握することができます。

 

 

画像出典:https://shoesshopprince.hamazo.tv/e7074613.html

 

 

 

靴の素材やデザインの影響を見落とす

素材による伸び縮み

靴の素材によっては、使用しているうちに伸びたり縮んだりすることがあります。特に革靴は、履いているうちに足に馴染んでくるため、購入時には少しきつめのサイズを選ぶことが推奨されます。一方で、合成素材の靴は伸びにくいため、購入時にぴったりのサイズを選ぶことが大切です。素材の特性を理解して、適切なサイズを選ぶことが重要です。

デザインによるフィット感の違い

靴のデザインも、フィット感に大きな影響を与えます。例えば、つま先が細いデザインの靴は、足の幅が広い人には窮屈に感じられることがあります。また、ハイカットの靴は足首のサポートが強く、ローカットの靴とは異なる履き心地です。自分の足の形や履き心地の好みに合わせて、デザインを選ぶことが重要です。

長時間履いたときの変化

靴を選ぶ際には、長時間履いたときの変化も考慮することが必要です。長時間歩いたり立ったりする場合、足がむくんで靴がきつく感じることがあります。そのため、少し余裕のあるサイズを選ぶことが推奨されます。特に仕事や旅行などで長時間履く予定がある靴は、試し履きの際に少し歩いてみるなどして、履き心地を確認することが重要です。

 

 

 

靴修理でお困りの際は、ナカダ商会【靴修理大好き工房】にお任せ下さい。

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はスニーカー・登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズ修理専門店です!
ソール交換を施したい方は下をクリック
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

友だち追加

LINE公式の友達追加で修理の相談が出来ます!

\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yoshinori

Yoshinori

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。
お客様が笑顔になれるよう様々なリペアを研究しご提案していきます。
ポイ活マスターとしても活躍中!ポイントを有効活用すための方法も同時に発信しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ポイ活マスターになる!貯めるコツとお得情報まとめ

  • ブーム到来!トレイルランニングシューズの選び方

  • 靴のサイズ選びでよくある間違いとその解決策

  • 長時間立ち仕事でも疲れにくいシューズ選び

関連記事

  • 足の疲れにサヨナラ!最適な靴の選び方ガイド

  • 長時間立ち仕事でも疲れにくいシューズ選び

  • 靴擦れを防ぐ!簡単な対策とおすすめ製品

  • 足の形に合った靴を見つける方法!

  • ブーム到来!トレイルランニングシューズの選び方