fbpx
  1. TOP
  2. 足元から始まる健康と快適さへのガイド
  3. 靴擦れを防ぐ!簡単な対策とおすすめ製品

靴擦れを防ぐ!簡単な対策とおすすめ製品

 2024/06/10 足元から始まる健康と快適さへのガイド
この記事は約 21 分で読めます。 92 Views

靴擦れの原因とその対策

靴のサイズ選びの重要性

靴擦れが発生する主な原因の一つは、靴のサイズが合っていないことです。自分の足にぴったり合ったサイズの靴を選ぶことが、靴擦れを防ぐ最も基本的な対策です。足のサイズは一生変わらないと思われがちですが、実際には年齢や体重の増減、生活習慣によって変わることがあります。定期的に足のサイズを測り直し、適切なサイズの靴を購入することが大切です。

靴を試着する際は、足が一番むくみやすい夕方に試すのがベストです。この時間帯の足の状態で靴を選ぶことで、一日中快適に過ごせる可能性が高まります。また、試着時には必ず両足を試し、つま先に余裕があるか、かかとがしっかりホールドされているかを確認しましょう。靴下を履いている場合と素足の場合とで、フィット感が変わることも考慮に入れてください。

もう一つのポイントは、足の幅や甲の高さに合った靴を選ぶことです。一般的に、足の幅が広い人はワイドタイプの靴を、甲が高い人は甲高設計の靴を選ぶと良いでしょう。最近では、オンラインショップでも足のサイズに合った靴を簡単に検索できるようになっているため、自分の足に合った靴を見つけやすくなっています。

サイズが合っていても、新しい靴は馴染むまでに時間がかかることがあります。初めて履く靴は短時間から履き始め、徐々に履く時間を延ばしていくことで、足に馴染ませると良いでしょう。また、靴擦れしやすい箇所には、あらかじめ絆創膏やフットパウダーを使用して予防することも有効です。

 

素材とデザインの見直し

靴の素材やデザインも、靴擦れを防ぐためには重要な要素です。例えば、硬い革靴やプラスチック製の靴は、足に馴染むまでに時間がかかり、その間に靴擦れが起こりやすいです。逆に、柔らかい革やメッシュ素材の靴は、足に優しくフィットしやすいので、靴擦れのリスクが低くなります。

また、デザインについても注意が必要です。例えば、先が尖っている靴や、ヒールが高い靴は、足に負担がかかりやすく、靴擦れが発生しやすくなります。日常使いの靴としては、足の形に合ったデザインの靴を選ぶことが重要です。例えば、つま先が広めで、足全体を包み込むようなデザインの靴は、足に優しく、靴擦れが起こりにくいです。

さらに、足の形に合ったインソールを使用することも有効です。インソールは、足のアーチをサポートし、足全体の負担を軽減する役割があります。特に、自分の足の形に合ったオーダーメイドのインソールを使用することで、靴擦れのリスクを大幅に減らすことができます。

 

靴擦れを防ぐ歩き方の工夫

正しい歩き方も、靴擦れを防ぐためには欠かせません。まず、かかとから着地し、次に足全体で地面を押し出すように歩くことが大切です。この歩き方を意識することで、足にかかる負担が均等になり、靴擦れが起こりにくくなります。

また、歩く時には足の指をしっかりと使うことも重要です。足の指を意識して地面を掴むように歩くことで、足全体のバランスが良くなり、靴擦れのリスクが減ります。特に、親指と小指を意識して使うことで、足の安定感が増し、靴擦れを防ぐことができます。

さらに、姿勢も靴擦れに影響します。背筋を伸ばし、体の重心を足の中央に置くように意識することで、足にかかる負担が均等になり、靴擦れが起こりにくくなります。正しい姿勢を保つためには、腹筋や背筋を鍛えることも効果的です。

最後に、靴擦れを防ぐためには、適度な休憩も必要です。長時間歩き続けると、どうしても足に負担がかかり、靴擦れが起こりやすくなります。こまめに休憩を取り、足をリフレッシュさせることで、靴擦れのリスクを減らすことができます。

 

日常で使える簡単な靴擦れ対策

絆創膏の使い方

靴擦れの初期段階や予防として、絆創膏を使うのは非常に効果的です。絆創膏は摩擦を軽減し、靴擦れの進行を防ぐ役割を果たします。まず、靴擦れが起きやすい箇所、例えばかかとや足の側面に予防的に貼ると良いでしょう。特に新しい靴を履くときや、長時間歩く予定がある場合には、あらかじめ絆創膏を貼っておくことで靴擦れを防ぐことができます。

絆創膏の選び方も重要です。通常の絆創膏ではなく、専用の靴擦れ防止用のものを選ぶと良いでしょう。これらは、通常の絆創膏よりも厚みがあり、クッション性が高いものが多いです。また、防水性のある絆創膏もおすすめです。汗や水に強く、長時間貼り付けていても剥がれにくいので、靴擦れをしっかりと防いでくれます。

使用方法も簡単です。まず、貼る部分の皮膚を清潔にして乾燥させます。その後、絆創膏を貼り付け、しっかりと押さえて固定します。特に靴擦れがひどくなりやすい箇所には、重ねて貼ることでさらに効果が高まります。絆創膏を貼る際には、しわが寄らないように気をつけることが大切です。しわが寄ってしまうと、摩擦が増えて逆効果になることがあります。

絆創膏を貼った後も、違和感がある場合には無理をせずに靴を脱ぎ、状況を確認することが大切です。また、日常的に予防として使用するだけでなく、靴擦れができてしまった場合にも絆創膏は有効です。傷口を保護し、さらなる摩擦を防ぐことで、早く治す手助けをしてくれます。

靴擦れ防止用の絆創膏は、ドラッグストアやコンビニエンスストア、インターネットでも簡単に購入できます。価格も手頃であり、持ち運びにも便利なので、いつでもどこでも靴擦れ対策ができるのが魅力です。

 

フットパウダーの活用法

フットパウダーは、足の汗を吸収し、摩擦を軽減する効果があります。靴擦れが発生しやすい人にとっては、非常に有効なアイテムです。まず、フットパウダーを使用する前に、足を清潔にし、乾燥させることが大切です。足が湿っていると、パウダーの効果が十分に発揮されないことがあります。

フットパウダーを使用する方法はとても簡単です。足の裏や指の間、かかとなど、靴擦れが起きやすい箇所に適量をふりかけます。特に足の裏は、汗をかきやすく摩擦が生じやすいので、しっかりとパウダーをまぶすようにしましょう。フットパウダーには、爽快感を与えるミントやメントールが配合されているものもあり、夏場の使用には特におすすめです。

また、フットパウダーは靴の中にも直接使用できます。靴の中にパウダーを少量ふりかけ、軽く振ることで、靴内の湿気を吸収し、滑りを防ぐことができます。これにより、足と靴の間の摩擦が減り、靴擦れを防ぐことができます。

フットパウダーを使う際の注意点としては、量を適切に調整することです。多すぎると靴の中が白くなり過ぎてしまい、逆に不快感を感じることがあります。少量ずつ使いながら、自分にとって最適な量を見つけることが大切です。

フットパウダーは、ドラッグストアやインターネットで簡単に購入できます。特に運動する際や長時間歩く予定があるときには、事前にフットパウダーを使用しておくことで、快適な歩行をサポートしてくれます。また、携帯用の小型ボトルも販売されているため、持ち運びにも便利です。

 

保湿クリームの効果

足の皮膚を柔らかく保つことで、靴擦れを防ぐ効果があります。乾燥した肌は摩擦に弱く、靴擦れが起きやすくなります。そのため、日常的に足を保湿することが大切です。特に入浴後や就寝前に保湿クリームを使用することで、足の皮膚を柔軟に保つことができます。

保湿クリームの選び方もポイントです。足用の保湿クリームは、一般的なハンドクリームやボディクリームよりも保湿成分が高く配合されていることが多いです。例えば、シアバターや尿素、グリセリンなどが含まれているクリームは、足の皮膚をしっかりと保湿し、柔らかくする効果があります。

使用方法は、まず足を清潔にし、乾燥させます。その後、適量のクリームを手に取り、足全体に丁寧に塗り込んでいきます。特にかかとや足の側面、指の間など、乾燥しやすい箇所には念入りに塗ることが大切です。クリームを塗った後は、しばらく靴を履かずに、しっかりとクリームが浸透するまで待ちます。

保湿クリームを使用することで、足の皮膚が柔らかくなり、摩擦に対する耐性が向上します。これにより、靴擦れが発生しにくくなります。また、定期的に保湿クリームを使用することで、足の健康を保ち、ひび割れや乾燥によるトラブルも予防することができます。

さらに、保湿クリームを使用する際には、軽くマッサージをすることで血行を促進し、足全体の健康をサポートすることができます。特に就寝前のリラックスタイムに、足のマッサージを兼ねて保湿クリームを使用することで、リフレッシュ効果も期待できます。

保湿クリームは、ドラッグストアやインターネットで手軽に購入できます。特に足用の保湿クリームは、様々な種類があり、自分の肌質や好みに合わせて選ぶことができます。定期的なケアを続けることで、靴擦れの予防だけでなく、足全体の健康を保つことができます。

 

 

靴修理でお困りの際は、ナカダ商会【靴修理大好き工房】にお任せ下さい。

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はスニーカー・登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズ修理専門店です!
ソール交換を施したい方は下をクリック
↓ ↓ ↓

 

 

 

靴擦れ防止に役立つ便利グッズ

ジェルインソール

ジェルインソールは、靴擦れを防ぐための非常に効果的なアイテムです。柔らかいジェル素材で作られており、足の衝撃を吸収し、摩擦を軽減してくれます。特に長時間歩く際や、足に負担がかかる靴を履く場合には、ジェルインソールを使用することで快適に過ごすことができます。

ジェルインソールの使い方は簡単です。まず、靴の中から元のインソールを取り出し、その代わりにジェルインソールを挿入します。ジェルインソールは、靴のサイズに合わせてカットできるものも多く、自分の足にぴったりと合うように調整することが可能です。カットする際には、ハサミを使って慎重に形を整えます。

ジェルインソールの主な効果としては、足の裏全体に均等に圧力を分散させることが挙げられます。これにより、特定の部分に過度な負担がかからず、靴擦れが発生しにくくなります。また、ジェル素材はクッション性が高く、足の疲れを軽減する効果もあります。特に、かかとや足のボール部分にかかる負担を大幅に軽減してくれるため、長時間の歩行や立ち仕事にも最適です。

さらに、ジェルインソールは洗濯可能なものも多く、清潔に保つことができます。定期的にインソールを洗うことで、足の臭いや菌の繁殖を防ぎ、快適な履き心地を維持することができます。また、抗菌加工が施されたインソールもあり、衛生面でも安心して使用できます。

ジェルインソールは、ドラッグストアやスポーツ用品店、インターネットなどで手軽に購入できます。価格も手頃なものが多く、一度購入すれば長期間使用できるため、コストパフォーマンスも良いです。特に、足に合った靴が見つからない場合や、新しい靴に馴染むまでの間に使用することで、靴擦れを効果的に防ぐことができます。

 

ヒールガード

ヒールガードは、特にかかとの靴擦れを防ぐための便利なアイテムです。かかとの部分に直接装着することで、靴と足の間にクッションを作り、摩擦を軽減します。これにより、かかとにかかる負担を大幅に減らし、靴擦れを防止することができます。

ヒールガードの使い方は非常に簡単です。まず、靴のかかと部分を清潔にし、乾燥させます。その後、ヒールガードをかかとの内側に貼り付けます。ヒールガードには粘着テープが付いているものが多く、しっかりと固定されます。特に靴擦れが発生しやすい箇所に合わせて、ヒールガードを適切に配置することが大切です。

ヒールガードの素材には、シリコンやジェル、スポンジなどが使用されています。これらの素材は柔らかく、足に優しいため、快適な履き心地を提供します。また、通気性の良い素材を選ぶことで、長時間の使用でも足が蒸れにくくなります。特に夏場やスポーツをする際には、通気性の良いヒールガードが便利です。

ヒールガードは、使い捨てタイプと再利用可能なタイプがあります。使い捨てタイプは、清潔に保つために一定期間ごとに交換する必要がありますが、再利用可能なタイプは洗濯して繰り返し使用することができます。自分のライフスタイルや使用頻度に合わせて選ぶと良いでしょう。

ヒールガードは、靴擦れを防ぐだけでなく、靴のフィット感を向上させる効果もあります。特に、少し大きめの靴を履いている場合や、靴のかかと部分が硬い場合には、ヒールガードを使用することでフィット感が増し、快適に歩くことができます。

ヒールガードは、ドラッグストアやインターネットで簡単に購入できます。価格も手頃であり、持ち運びにも便利なので、いつでもどこでも靴擦れ対策ができるのが魅力です。特に新しい靴を履く際や、長時間歩く予定がある場合には、ヒールガードを事前に使用することで、靴擦れを効果的に防ぐことができます。

 

シリコンパッド

シリコンパッドは、足の特定の部分に貼り付けることで、靴擦れを防ぐアイテムです。柔らかいシリコン素材で作られており、足と靴の間にクッションを作ることで摩擦を軽減します。特に、足の側面やつま先など、靴擦れが発生しやすい箇所に使用することで効果を発揮します。

シリコンパッドの使い方も非常に簡単です。まず、足の清潔な状態で、靴擦れが起きやすい部分に直接貼り付けます。シリコンパッドは粘着性があるため、しっかりと固定されます。靴を履いた後もズレにくく、一日中快適に過ごすことができます。

シリコンパッドの利点は、その柔軟性と弾力性にあります。シリコン素材は足の形に合わせてフィットし、動きに追従するため、摩擦が起きにくくなります。また、衝撃吸収性にも優れており、長時間歩いたり立ち仕事をする際にも足の負担を軽減してくれます。

シリコンパッドは、使い捨てタイプと再利用可能なタイプがあります。使い捨てタイプは、一度使用したら捨てるものですが、再利用可能なタイプは洗って繰り返し使用できるため、経済的です。使用後はぬるま湯で軽く洗い、乾燥させてから再度使用します。清潔に保つことで、足の健康を守ることができます。

さらに、シリコンパッドは透明なものが多く、目立たないため、どんな靴にも合わせやすいです。特にオープントゥのサンダルや薄手のパンプスなど、デザインにこだわりたい靴にも自然に使うことができます。

シリコンパッドは、ドラッグストアやインターネットで手軽に購入できます。価格も手頃であり、持ち運びにも便利なので、必要な時にすぐに使用できるのが魅力です。特に新しい靴を履く際や、長時間歩く予定がある場合には、シリコンパッドを事前に使用することで、靴擦れを効果的に防ぐことができます。

 

 

靴擦れしにくいおすすめの靴

スニーカーの選び方

スニーカーは、普段使いからスポーツまで幅広く活躍する靴ですが、選び方次第で靴擦れを防ぐことができます。まず、スニーカーを選ぶ際には、足の形に合ったものを選ぶことが重要です。サイズが合っていないスニーカーは、摩擦が生じやすく、靴擦れの原因となります。

スニーカーの選び方のポイントは、まず足の長さと幅を正確に測ることです。特に、足の幅が広い人はワイドフィットのスニーカーを選ぶと良いでしょう。試着時には、かかと部分がしっかりとホールドされ、つま先に余裕があるかを確認します。つま先が窮屈だと、指が圧迫されて靴擦れの原因になります。

次に、スニーカーの素材も重要な要素です。メッシュ素材や柔らかい革で作られたスニーカーは、足に優しくフィットし、通気性も良いので靴擦れを防ぎやすいです。特にメッシュ素材は、足の蒸れを防ぎ、長時間の使用でも快適に過ごせます。また、インソールにも注目し、クッション性の高いものを選ぶことで、足への負担を軽減できます。

さらに、スニーカーのデザインも靴擦れを防ぐために重要です。例えば、足首をしっかりとサポートするハイカットのスニーカーは、足の動きを安定させ、靴擦れを防ぎます。また、シューレースの締め具合を調整できるデザインのものは、フィット感を自分で調整できるため、摩擦を減らすことができます。

スニーカーを購入する際には、必ず試着し、歩いてみることが大切です。特に新しいスニーカーは、履き慣れるまで時間がかかることがあるため、少しずつ履き慣らしていくと良いでしょう。最初は短時間の使用から始め、徐々に使用時間を延ばすことで、足に馴染ませることができます。

また、スニーカーの寿命にも注意が必要です。長期間使用していると、クッション性が低下し、靴擦れが発生しやすくなります。定期的に新しいスニーカーに交換することで、快適な履き心地を保ち、靴擦れを防ぐことができます。

最後に、スニーカーはドラッグストアやスポーツ用品店、インターネットなどで手軽に購入できます。自分の足に合ったスニーカーを見つけることで、日常生活やスポーツがより快適に過ごせるようになります。

 

 

パンプスの選び方

パンプスは、ビジネスシーンやフォーマルな場面でよく使用されますが、靴擦れを防ぐためには選び方が重要です。まず、パンプスを選ぶ際には、自分の足に合ったサイズを選ぶことが基本です。サイズが合っていないパンプスは、特にかかとやつま先に負担がかかりやすく、靴擦れの原因になります。

パンプスの選び方のポイントは、足の長さと幅を正確に測ることです。特に、幅が広い人や甲が高い人は、幅広設計や甲高設計のパンプスを選ぶと良いでしょう。試着時には、かかと部分がしっかりとホールドされ、つま先に適度な余裕があるかを確認します。つま先が窮屈だと、指が圧迫されて靴擦れが起きやすくなります。

次に、パンプスの素材も重要な要素です。柔らかい革やストレッチ素材のパンプスは、足に優しくフィットし、摩擦を軽減します。特に、内側にクッション素材が使用されているパンプスは、足全体を包み込むようなフィット感があり、靴擦れを防ぎやすいです。また、通気性の良い素材を選ぶことで、足の蒸れを防ぎ、長時間の使用でも快適に過ごせます。

さらに、ヒールの高さも靴擦れに影響します。高すぎるヒールは足に過度な負担をかけ、靴擦れの原因になります。日常使いには、3~5センチ程度のミディアムヒールがおすすめです。この高さなら、足への負担が少なく、安定感もあるため、長時間履いていても快適です。

パンプスのデザインも重要です。例えば、ストラップ付きのパンプスは、足をしっかりと固定し、摩擦を減らす効果があります。また、足の甲を覆うデザインのパンプスは、足全体をサポートし、靴擦れを防ぎやすいです。特に、バレエシューズタイプのパンプスは、足に優しくフィットしやすいのでおすすめです。

パンプスを購入する際には、必ず試着し、歩いてみることが大切です。特に新しいパンプスは、履き慣れるまで時間がかかることがあるため、少しずつ履き慣らしていくと良いでしょう。最初は短時間の使用から始め、徐々に使用時間を延ばすことで、足に馴染ませることができます。

また、パンプスの寿命にも注意が必要です。長期間使用していると、クッション性が低下し、靴擦れが発生しやすくなります。定期的に新しいパンプスに交換することで、快適な履き心地を保ち、靴擦れを防ぐことができます。

最後に、パンプスはドラッグストアやインターネットなどで手軽に購入できます。自分の足に合ったパンプスを見つけることで、ビジネスシーンやフォーマルな場面でも快適に過ごせるようになります。

 

 

サンダルの選び方

サンダルは、夏場やリゾート地でよく使用される靴ですが、選び方次第で靴擦れを防ぐことができます。まず、サンダルを選ぶ際には、足の形に合ったものを選ぶことが重要です。サイズが合っていないサンダルは、摩擦が生じやすく、靴擦れの原因となります。

サンダルの選び方のポイントは、まず足の長さと幅を正確に測ることです。特に、幅が広い人や甲が高い人は、調整可能なストラップ付きのサンダルを選ぶと良いでしょう。試着時には、ストラップがしっかりと足を固定し、つま先やかかとに余裕があるかを確認します。つま先が窮屈だと、指が圧迫されて靴擦れの原因になります。

次に、サンダルの素材も重要な要素です。柔らかい革やストレッチ素材のサンダルは、足に優しくフィットし、摩擦を軽減します。特に、内側にクッション素材が使用されているサンダルは、足全体を包み込むようなフィット感があり、靴擦れを防ぎやすいです。また、通気性の良い素材を選ぶことで、足の蒸れを防ぎ、長時間の使用でも快適に過ごせます。

さらに、サンダルのデザインも靴擦れを防ぐために重要です。例えば、足首にストラップが付いているサンダルは、足をしっかりと固定し、摩擦を減らす効果があります。また、足の甲を覆うデザインのサンダルは、足全体をサポートし、靴擦れを防ぎやすいです。特に、クロッグタイプのサンダルは、足に優しくフィットしやすいのでおすすめです。

サンダルを購入する際には、必ず試着し、歩いてみることが大切です。特に新しいサンダルは、履き慣れるまで時間がかかることがあるため、少しずつ履き慣らしていくと良いでしょう。最初は短時間の使用から始め、徐々に使用時間を延ばすことで、足に馴染ませることができます。

また、サンダルの寿命にも注意が必要です。長期間使用していると、クッション性が低下し、靴擦れが発生しやすくなります。定期的に新しいサンダルに交換することで、快適な履き心地を保ち、靴擦れを防ぐことができます。

最後に、サンダルはドラッグストアやインターネットなどで手軽に購入できます。自分の足に合ったサンダルを見つけることで、夏場やリゾート地でも快適に過ごせるようになります。

 

 

靴擦れができてしまった時の対処法

応急処置の方法

靴擦れができてしまった時の応急処置は、迅速かつ正確に行うことが重要です。まず、靴擦れができた部分を清潔に保つことが大切です。靴擦れができた場所を流水で優しく洗い、汚れを取り除きます。その後、消毒液を使用して傷口を消毒し、感染を防ぎます。

消毒が終わったら、絆創膏やガーゼを使用して傷口を保護します。靴擦れ専用の絆創膏やパッドを使用すると、摩擦を軽減し、傷口を守ることができます。絆創膏を貼る際には、しっかりと固定されているかを確認し、靴擦れが再発しないように注意します。特に、傷口が湿っている場合は、防水タイプの絆創膏を使用すると良いでしょう。

また、靴擦れができた場所には、負担をかけないように注意します。例えば、歩く際には傷口を避けるように足を使い、痛みを和らげるようにします。もし可能であれば、靴を履き替えるか、靴擦れができにくい靴に変更することを検討します。

さらに、靴擦れがひどい場合や痛みが強い場合には、医師の診察を受けることをおすすめします。特に、傷口が化膿している場合や、治りが遅い場合には、適切な治療が必要です。自己判断で放置すると、感染が広がる恐れがあるため、早めの対処が重要です。

 

 

痛みを和らげるアイテム

靴擦れによる痛みを和らげるためには、いくつかの便利なアイテムがあります。まず、靴擦れ防止用のクッションパッドやジェルパッドを使用することで、痛みを軽減することができます。これらのアイテムは、靴擦れができた部分に直接貼り付けることで、摩擦を軽減し、痛みを和らげる効果があります。

次に、鎮痛クリームや軟膏を使用することも効果的です。鎮痛クリームは、痛みを和らげる成分が含まれており、靴擦れによる炎症を抑える効果があります。使用方法は、清潔な手でクリームを適量取り、痛みがある部分に優しく塗り込むだけです。特に、夜間に使用すると、翌朝には痛みが和らぐことが期待できます。

また、冷却シートや冷却ジェルを使用することで、痛みを和らげることができます。冷却シートは、痛みがある部分に直接貼り付け、冷却効果で痛みを軽減します。特に、炎症がひどい場合には、冷却シートを使用することで炎症を抑えることができます。冷却ジェルは、直接肌に塗るタイプのもので、即効性があります。冷蔵庫で冷やしてから使用すると、さらに効果的です。

最後に、靴擦れが治るまでの間、適切な靴を履くことも重要です。靴擦れができにくい柔らかい素材の靴や、足をしっかりとサポートする靴を選ぶことで、痛みを和らげながら生活することができます。また、足に合った靴を選ぶことで、靴擦れの再発を防ぐことができます。

 

 

早く治すためのケア

靴擦れを早く治すためには、適切なケアが必要です。まず、傷口を清潔に保つことが大切です。靴擦れができた部分を毎日洗い、清潔な状態を保つことで、感染を防ぎ、治癒を促進します。洗った後は、消毒液で傷口を消毒し、絆創膏やガーゼで保護します。

また、靴擦れ専用の治療アイテムを使用することも効果的です。例えば、靴擦れ専用の治癒パッドは、傷口を保護しながら、治癒を促進する成分が含まれています。これらのパッドを使用することで、傷口が早く治ることが期待できます。

さらに、栄養バランスの取れた食事を摂ることも重要です。ビタミンCやビタミンEは、肌の再生を助ける栄養素であり、傷口の治癒を促進します。これらのビタミンを多く含む食品を積極的に摂取することで、靴擦れの治りを早めることができます。

また、十分な休息を取ることも大切です。足に負担をかけないように、適度な休息を取り、足をリラックスさせることで、治癒を促進します。特に、靴擦れがひどい場合には、無理をせずに安静にすることが重要です。

最後に、定期的に医師の診察を受けることも検討しましょう。特に、靴擦れが長期間治らない場合や、傷口が悪化している場合には、適切な治療が必要です。医師の指導の下で治療を行うことで、早く確実に靴擦れを治すことができます。

 

靴修理でお困りの際は、ナカダ商会【靴修理大好き工房】にお任せ下さい。

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はスニーカー・登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズ修理専門店です!
ソール交換を施したい方は下をクリック
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

友だち追加

LINE公式の友達追加で修理の相談が出来ます!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yoshinori

Yoshinori

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。
お客様が笑顔になれるよう様々なリペアを研究しご提案していきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 長時間立ち仕事でも疲れにくいシューズ選び

  • 足の形に合った靴を見つける方法!

  • 靴擦れを防ぐ!簡単な対策とおすすめ製品

  • 足の疲れにサヨナラ!最適な靴の選び方ガイド

関連記事

  • 足の形に合った靴を見つける方法!

  • 足の疲れにサヨナラ!最適な靴の選び方ガイド

  • 長時間立ち仕事でも疲れにくいシューズ選び