1. TOP
  2. クライミングシューズソール交換・リソールについて!【クライミングシューズリペア】

クライミングシューズソール交換・リソールについて!【クライミングシューズリペア】

 2017/10/28 クライミングシューズ修理
この記事は約 8 分で読めます。 1,048 Views

2017年の2月、イタリアにクライミング修理の修行に行き何か月も掛けて、クライミングのリペア技術を習得することが出来ました。
靴修理については基本的なことは同じですが、クライミングシューズの修理はソールの張り合わせ方やソールの削る方法がかなり独特なものになります。
ようやく一般のお客様にクライミングシューズの修理を公開出来るようになりました。

クライミング修理に使用するソールについて

クライミング用のソールは3種類ご用意しております。

 

  • Vibram XS GRIP 2
  • Vibram XS EDGE
  • Vibram XS GRIP

 

ではこちらの3つのソールについて詳しく見ていきましょう!

 

Vibram XS GRIP 2

こちらのVibram XS GRIP 2は競技、ボルダリング、リード用で特にグリップ力が3つのソールの中で一番すぐれているソールになります。
グリップ性は5段階の中で5、エッジングは5段階の中で3、耐久性は5段階の中で4になります。特に上級モデルに使用されていることが多く、競技志向の方に向いているソールです。

グリップ力
★★★★★
エッジング
★★★☆☆
耐久性
★★★★

 

Vibram XS EDGE

こちらのVibram XS EDGEはエッジング性が良く競技、強傾斜向けのソールになります。
グリップ性は5段階中4、エッジングは5段階中5、耐久性は5段階中5になります。エッジングを重視する競技及び自然の岩にアタックする方に向いているソールです。

グリップ力
★★★★
エッジング
★★★★★
耐久性
★★★★

 

Vibram XS GRIP

こちらのVibram XS EDGEはグリップの持続性が良く様々な傾斜に対応できるソールになります。
グリップ性は5段階中4、エッジングは5段階中4、耐久性は5段階中4になります。オールラウンドに対応できるソールです。

グリップ力
★★★★
エッジング
★★★
耐久性
★★★★

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はクライミング・登山靴・ブーツ修理専門店です!
クライミングシューズのソール交換を施したい方は下をクリック

期間限定ソール交換キャンペーン実施中!
↓ ↓ ↓

 

 

クライミング修理に使用するラスト「木型」について

クライミングシューズを修理する際に必ず必要な物があります。ラスト「木型」になります。ラストなくして修理をすることは出来ません。
クライミング以外、どの靴においても製造の際、修理の際はラストを使用します。
それではクライミングにおいてはどのようなラストを使用して修理をしていくか見てみましょう!

ラストは2つのモデルに分けることが出来ます。「ニュートラルラスト」と「ダウントゥラスト」です。
靴のモデルによりラストを使い分けていきます。

サイズも32~46までの15サイズを取りそろえています!子供用の靴から足の大きな方まで対応可能になります。

 

NEUTRALラスト

 

 

DOWNTURNEDラスト

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はクライミング・登山靴・ブーツ修理専門店です!
クライミングシューズのソール交換を施したい方は下をクリック

期間限定ソール交換キャンペーン実施中!
↓ ↓ ↓

 

誰が修理をしてくれますか?

靴修理大好き工房の若手靴修理職人の2人です。

写真はイタリアクライミング研修時のもです。

 

 

イタリアクライミング研修時の記事になります。詳しくは下記をクリック

↓ ↓ ↓

 

 

 

「クライミングシューズ修理開始キャンペーン」行います!

クライミング修理の金額は現在決定しておりません。
2017年11月から正式にクライミングシューズの修理を開始致します。

2017年11月から2018年1月までの3か月間「クライミングシューズ修理開始キャンペーン」を行うことにしました。

上記の期間はキャンペーン価格にて修理をさせていただきます。

 

※修理を行う上での注意事項

①ソール交換に関しましては爪先から踵まで全てのソール交換ではなく、爪先1/3のラバー張替えになります。
②爪先と踵の2つに分けれているタイプの靴は爪先全てのソール交換になります。(スポルティバ ソリューションなど)
③爪先部分に穴が開いている靴でも修理は可能になりますが、薄いラバーを付けて補強を施してからソールを取り付けていきます。
④ソールの削り方ですがエッジ付の対応になります。現段階ではノーエッジには対応しておりません。

 

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はクライミング・登山靴・ブーツ修理専門店です!
クライミングシューズのソール交換を施したい方は下をクリック

期間限定ソール交換キャンペーン実施中!
↓ ↓ ↓

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yoshi

yoshi

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • クライミングシューズソール交換・リソールについて!【クライミングシューズリペア】

  • ビブラムソールを使用してのクライミングシューズ修理!【クライミングシューズリペア】イアタリア修行編

  • スポルティバ・トランゴ S EVO GTX ソール交換について!

  • ドクターマーチンのソール交換について。交換出来ないと思っている方必見!

関連記事

  • ビブラムソールを使用してのクライミングシューズ修理!【クライミングシューズリペア】イアタリア修行編