fbpx
  1. TOP
  2. ノーエッジのクライミングシューズ修理について。エッジ付タイプとノーエッジの2種類から選択可能!

ノーエッジのクライミングシューズ修理について。エッジ付タイプとノーエッジの2種類から選択可能!

 2018/03/27 クライミングシューズ修理
この記事は約 4 分で読めます。 1,385 Views

 

クライミングシューズにはエッジ付とノーエッジの靴の2種類が存在します。

今までのクライミングの常識であったエッジを丸くしたものが「ノーエッジシューズ」と言います。

それではノーエッジのクライミングシューズとはどのようなものか見ていきましょう!

 

ノーエッジとは?

従来当たり前だったアウトソールのエッジをあえてなくすことで、正確でスムースなクライミングが可能になります。

ノーエッジは薄いラバーを足の形状に沿わせることで足全体をぴったりと覆う構造になっています。従来のアウトソールをエッジをなくすことで岩と足の密着性を高めることができ、パワーをよりダイレクトに伝えることができます。

 

 

「ノーエッジシューズ」はスポルティバの4種類

スポルティバ(LA SPORTIVA):ジーニアス(GENIUS)

 

 

 

スポルティバ(LA SPORTIVA):フューチュラ(FUTURA)

 

 

スポルティバ(LA SPORTIVA):マーヴェリック(MAVERINK)

 

スポルティバ(LA SPORTIVA):スピードスター(SPEEDSTER)

 

 

 

 

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はクライミング・登山靴・ブーツ修理専門店です!

クライミングシューズのリペアを依頼する方は下記をクリックしてください!

↓ ↓

クライミングシューズ  リペア料金表【2018】

 

 

 

クライミングシューズ「ノーエッジ」のリペア

 

ジーニアスの場合

Before

 

After

 

 

 

まとめ

靴修理大好き工房ではリペアでは難しいとされる、「ノーエッジ」にも対応していき、クライマーの方に「エッジ付」か「ノーエッジ」かを選択できるようになっています!

最近ではクライミングシューズ自体の単価が上がってきています。足に馴染んだクライミングシューズをお手頃な金額で修理するのもこれからの時代は大切になってくるのではないでしょうか?

修理を依頼する際は「靴修理専門店」にお任せすることをお勧めします。

 

 

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店はクライミング・登山靴・ブーツ修理専門店です!

クライミングシューズのリペアを依頼する方は下記をクリックしてください!

↓ ↓

クライミングシューズ  リペア料金表【2018】

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yoshi

yoshi

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スポーツ後の靴底に入れるだけの瞬間消臭アフターソール!お求めはこちらから。

  • クライミングシューズ修理の受付可能な全国のクラミングジム一覧表!2018年8月現在

  • 登山靴修理について!愛着のある登山靴・大事な靴の修理承ります!レザータイプ修理工程。

  • 大切な革靴・スニーカーをゴルフシューズにカスタマイズする方法!ゴルフシューズソール交換。

関連記事

  • クライミングシューズ修理&リペア 修理完了後のお客様の声!

  • スポーツ後の靴底に入れるだけの瞬間消臭アフターソール!お求めはこちらから。

  • スポルティバ・スクワマのソール交換!クライミング用のVibramソールを使用して修復。

  • ビブラムソールを使用してのクライミングシューズ修理!【クライミングシューズリペア】イタリア修行編

  • クライミングシューズソール交換・リソールについて!【クライミングシューズリペア】

  • クライミングシューズ修理の受付可能な全国のクラミングジム一覧表!2018年8月現在