fbpx
  1. TOP
  2. 靴修理
  3. ルイヴィトンの靴修理でお悩みの方必見!メーカーへ出さなくても修理が出来る方法について

ルイヴィトンの靴修理でお悩みの方必見!メーカーへ出さなくても修理が出来る方法について

 2021/01/04 靴修理
この記事は約 6 分で読めます。 579 Views

モノグラムがとてもおしゃれで、持っているだけで高級感を感じさせてくれるのが「ルイ・ヴィトン」ではないしょうか?

ルイ・ヴィトンの靴ですが純正以外の代替えのソールでもこんなに綺麗に修理が出来てしまいます!

 

ルイ・ヴィトンとは?

ルイ・ヴィトン創業者のルイは14歳の時に家を飛び出してパリに向かいます。パリに向かう途中、旅行カバンにたくさんのアイデアを思い描き、その後、ルイの感性に多くの影響を与えます。

その後20年間トランク製造と荷造りの職人として腕を磨き、フランス王室から注文をうけるほどの一流の職人となり、旅行カバン専門のアトリエを1854年にオープン。これが「ルイ・ヴィトン」の発祥となります。

馬車から鉄道に変わる時代に新たな世間のニーズに着目して、積み上げやすい平らなトランクを考案しました。また、革が主流だったカバンの材質を軽い防水加工を程越した無地のコットンに変えて、これがナポレオン3世の皇妃のこころをつかみ、瞬く間に世の中に広がり大流行となります。

さらに旅行用のトランクの発明など革新的なアイデアを盛り込んだヴィトンは、優れた技術と独創性で確固たる地位を築き上げます。

1880年に入り息子のジョルジュ・ヴィトンが継承します。ヴィトンの評判、機能性が突出していたため、デザインを真似た粗悪な模倣品が市場に出回り、その都度新しいデザインを考え出さざるを得ないという状況でしたが、日本の市松模様からインスパイアされた「ダミエ」を発表して、これがベストセラーになります。

ところがこの「ダミエ」もすぐに真似をされてしまいます。そこで考え出したのが、有名な「モノグラム」です。

LとV、花と星のシンボルが均一に並ぶフラットで複雑なパターンが模造品を激減させました。こちらの「モノグラム」こそ現在においてもルイ・ヴィトンを象徴する作品になっています。

 

 

ルイ・ヴィトンの靴の靴修理について

ルイヴィトンの靴ですが、スニーカー、ローファー&モカシン、レースアップ&バックルシューズ、ブーツ、サンダル等にカテゴリー分けをすることが出来ますが、どれも金額の張るものばかりですよね。

靴ですので、履けばソールは減るし、踵の内側に穴が開いてしまったなど、靴の修理が必要になる場合があります。

靴の修理をお願いしたいと考えたときは何処に連絡をすればよいでしょうか?

A.メーカーにて靴修理依頼をする

B.靴修理屋にて修理依頼をする

のどちらかになります。

 

A.メーカーにて靴修理依頼をする

こちらから見ていきましょう。

購入店に持ち込み見積もりを出してもらう方法とWEBサイトから申し込みをする2つの方法になります。

 

メリット

純正ソールにて張替えが出来る。

 

デメリット

●修理見積に2~3週間かかる可能性がある

●修理代金が高額になる

●購入証明書が必要な場合が多く、並行輸入品の場合は保証が受けられない可能性がある

 

やはり、純正ソールにて張替えを希望する場合はメーカーへ相談することをお勧めします。

 

B.靴修理屋にて修理依頼をする

現在においては靴修理を専門に行っている修理屋が多くなっております。WEBサイトを見ると様々な靴修理専門店がありますので、自分で気に入った修理屋さんを探すことも面白いです。

メリット

●メーカーへ出すよりも安価で修理が可能

●純正ソールではないが、様々なソールを案内してくれる(ソールのカスタムが可能)

 

デメリット

●純正ソールの取り扱いが出来ない

 

ナカダ商会にて修理をしました!

今回、お願いしたのはこちらの靴になります。黒のモノグラムタイプの靴です。ソールが劣化ししてヒビが入ってしまいました。

純正ソールではなくVibramソールにて対応していきます。

 

Vibbram7170にてソール交換

ソールはVibram7170を使用してミッド部分はEVAにて加工を掛けています。

 

Before

 

今回はウエルトの取付と中板取付、ミッドソールはEVAを使用してアウトソールにVibramを使っての修理になります。

After

 

 

 

Vibram2060にてソール交換

Before

 

After

 

 

 

まとめ

ルイヴィトンの靴ですが、今は革靴よりもスニーカーが増えてきている傾向にあります。ソールも特殊な形状のものが多くナイキやアディダスに似ている??感じはありますが、まぎれもなく「ルイヴィトン」の靴です。

日ごろからソールの状態をチェックしていくと、どの時点で修理が必要かどうかの判断が出来ますので、長く履くためには定期的なメンテナンスをするとgoodですね。

 

Vibram ビブラムソールを使用して色々なタイプの靴を修復してくれる専門店になります。

当店は登山靴・ワークブーツ・クライミングシューズ・ワークブーツの靴修理専門店です!
ソール交換を施したい方は下をクリック
↓ ↓ ↓

 

 

 


友だち追加
LINE公式の友達追加で
修理の相談が出来ます!
 

 

\ SNSでシェアしよう! /

靴のお悩み110番の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

靴のお悩み110番の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yoshinori

Yoshinori

Vibramソール大好きのソールマニア。愛着のある靴を大事にしてもらうことに生きがいを感じ、色々な靴のカスタマイズを提唱する、ソールカスタマイズアドバイザー。
お客様が笑顔になれるよう様々な靴底を研究しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 重登山靴のフルメンテナンスについて!中底・リブ・ウエルト全ての交換!

  • 【高尾山】下山後の温泉&グルメ特集!高尾山編

  • ダナーミリタリーブーツのソール交換は可能?ヴィヴラムソールで新しいミリタリーブーツへカスタム!

  • ヴィブラムメガグリップの凄さ!画期的なグリップ力を試してください!

関連記事

  • 林業従事者必見!自分の足を守るブーツ修理は「ナカダ商会にお任せ!」林業ブーツ修理事例!

  • ソール張替えの際の注意点!登山靴・ワークブーツ編

  • フットジョイゴルフシューズ修理!大切な革製のゴルフシューズのメンテナンス方法をご紹介。

  • チペワブーツをヴィブラムソールでカスタム!一生履き続けるためのソールメンテナンスについて

  • ファイブテン(5.10)の魅力大公開!クライミングシューズ・アプローチシューズについて。

  • ドクターマーチンユーザーに朗報!ドクターマーチン純正ソール入荷!純正ソールかビブラムソール、あなたならどちらのソールを選択しますか?